篠田一馬 (Kazuma SHINODA)

KazumaShinoda.png

(English versioin is here)

Contact address

adr_shinoda.png

所属

宇都宮大学大学院工学研究科情報システム科学専攻 助教
Assistant Professor, Department of Information Systems Science, Graduate School of Engineering, Utsunomiya University

専門分野 (Research topics)

  • 画像符号化,画像処理,マルチスペクトル画像 (Image Coding, Image Processing, Multispectral Imaging)

担当科目 (Courses taught)

  • プログラミング演習I
  • プログラミング演習II
  • 情報工学実験I
  • システム設計演習

略歴

  • 平23年6月,東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程 修了.同年7月,日本学術振興会 特別研究員 (PD) .同年9月,南カリフォルニア大学 客員研究員.平24年4月,埼玉医科大学保健医療学部 特任研究員.同年12月,宇都宮大学大学院工学研究科 助教.画像符号化,画像信号処理,マルチスペクトル画像に関する研究に従事.博士(工学).電子情報通信学会,映像情報メディア学会,SPIE,IEEE各会員.ISO/IEC JTC1/SC29 WG1 小委員会 委員.
  • Kazuma Shinoda is an assistant professor of Graduate School of Engineering, Utsunomiya University. His current research interests include image coding, image processing and multispectral imaging. He received the Ph.D. degree in engineering from Tokyo Institute of Technology, Tokyo, Japan, in 2011. He is a member of IEICE (the Institute of Electronics Information and Communication Engineers), ITE(The Institute of Image Information and Television Engineers), SPIE, and IEEE. He is also a member of ISO/IEC JTC1/SC29 WG1.

学歴&職歴

  • 2005年3月 (平17) 新潟大学工学部電気電子工学科 卒業
  • 2005年4月 (平17) 新潟大学大学院自然科学研究科 入学
  • 2007年3月 (平19) 新潟大学大学院自然科学研究科修士課程 修了
  • 2007年4月 (平19) ソニー株式会社 入社
  • 2009年3月 (平21) ソニー株式会社 退職
  • 2009年4月 (平21) 東京工業大学大学院総合理工学研究科 入学
  • 2011年6月 (平23) 東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程 修了
  • 2011年7月 (平23) - 2012年3月 (平24) 東京工業大学学術国際情報センター 特別研究員 (日本学術振興会特別研究員 PD)
  • 2011年9月 (平23) - 2012年2月 (平24) 南カリフォルニア大学 客員研究員
  • 2012年4月 (平24) - 現在 埼玉医科大学 保健医療学部 特任研究員
  • 2012年12月 (平24) - 現在 宇都宮大学 大学院工学研究科 助教

学歴

  • 2005年3月 新潟大学工学部電気電子工学科 卒業
  • 2005年4月 新潟大学大学院自然科学研究科 入学
  • 2007年3月 新潟大学大学院自然科学研究科修士課程 修了
  • 2009年4月 東京工業大学大学院総合理工学研究科 入学
  • 2011年6月 東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程 修了

職歴

  • 2007年4月 - 2009年3月 ソニー株式会社 エンジニア
  • 2009年6月 - 2010年1月 東京工業大学 グローバルCOEフォトニクス集積コアエレクトロニクス 博士研究員 (RA)
  • 2009年8月 - 2010年3月 東京工業大学総合理工学研究科物理情報システム専攻 リサーチアシスタント (RA)
  • 2010年4月 - 2011年6月 東京工業大学総合理工学研究科所属 日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
  • 2011年7月 - 2012年3月 東京工業大学学術国際情報センター所属 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
  • 2011年9月 - 2012年2月 南カリフォルニア大学 客員研究員
  • 2012年4月 - 2012年11月 埼玉医科大学保健医療学部医用生体工学科 特任研究員 (常勤)
  • 2012年12月 - 現在 埼玉医科大学保健医療学部医用生体工学科 特任研究員 (非常勤)
  • 2012年12月 - 現在 宇都宮大学工学研究科 情報システム科学専攻 助教
  • 2014年2月 - 現在 宇都宮大学オプティクス教育研究センター 兼任助教

学位

  • 2007年3月 修士(工学)(新潟大学)
  • 2011年6月 博士(工学)(東京工業大学)

学外活動

運営委員等

  • 2013年8月~ 画像電子学会誌 編集委員
  • 2013年11月22日 第28回信号処理シンポジウム B7 画像・映像処理VI 座長
  • 2014年1月~ ISO/IEC JTC1/SC29 WG1 小委員会 委員
  • 2014年10月7日~10日 IIEEJ International Workshop on Image Electronics and Visual Computing, Technical Program Committee (兼 Image Analysis II(4A) chair)
  • 2015年7月~ 画像符号化シンポジウム運営委員会 実行委員
  • 2016年4月~ 映像情報メディア学会 メディア工学研究委員会 委員
  • 2016年8月26日 画像電子学会第278回研究会 座長
  • 2016年11月16-18日 画像符号化シンポジウム P2 座長
  • 2017年2月28日-3月3日 IIEEJ International Workshop on Image Electronics and Visual Computing, Technical Program Committee (兼 General session (5A) chair, Review coordinator)
  • 2017年11月29日-2018年9月1日 画像符号化・映像メディア処理特集編集委員会 編集委員

査読経験

  • IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology
  • IEEE Transactions on Image Processing
  • SPIE Journal of Electronic Imaging
  • Journal of Display Technology
  • Optical Review
  • IEICE Transactions
  • IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering

所属学会

  • IEEE
  • SPIE
  • 電子情報通信学会
  • 映像情報メディア学会
  • 画像電子学会
  • 情報フォトニクス研究グループ

研究業績

査読付き論文誌

  1. Hideki Komagata, Takaya Ichimura, Yasuka Ohnuki, Masahiro Ishikawa, Kazuma Shinoda, Naoki Kobayashi, Atsushi Sasaki, "Feature analysis of cell nuclear chromatin distribution in support of cervical cytology," Journal of Medical Imaging, vol. 4, no. 4, 047501, Oct. 2017.
  2. Kazuma Shinoda, Yudai Yanagi, Yoshio Hayasaki, Madoka Hasegawa, "Multispectral filter array design without training images," Optical Review, vol. 24, no. 4, pp. 554-571, Jul. 2017.
  3. Kazuma Shinoda, Taisuke Hamasaki, Maru Kawase, Madoka Hasegawa, and Shigeo Kato, "Demosaicking for multispectral images based on vectorial total variation," Optical Review, vol. 23, no. 4, pp. 559-570, Jul. 2016.
  4. 柳悠大, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, 石川雅浩, 駒形英樹, 小林直樹, "観測波長とフィルタ配置を考慮したマルチスペクトルフィルタアレイの最適化手法," 電子情報通信学会論文誌, Vol. J99-D, No. 8, pp. 794-804, Aug. 2016.
  5. Hideki Komagata, Masahiro Ishikawa, Naoki Kobayashi, Kazuma Shinoda, Masahiro Yamaguchi, Tokiya Abe, Akinori Hashiguchi, Michiie Sakamoto, "Feature analyses of trabecular pattern of hepatocellular carcinoma using graph structure," IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, vol. 3, no. 2, pp. 80-91, Dec. 2015.
  6. 金原翔太, 長谷川まどか, 篠田一馬, 加藤茂夫, 田中雄一, "情報源拡大を用いた乗算型二値算術符号の高速化に関する一検討," 画像電子学会誌, vol. 44, no. 3, pp. 464-473, Jul. 2015.
  7. Kazuma Shinoda, Aya Watanabe, Madoka Hasegawa, and Shigeo Kato, "Multispectral information hiding in RGB image using bit-plane-based watermarking and its application", Optical Review, vol. 22, issue 3, pp. 469-476, Jun. 2015.
  8. Kazuma Shinoda, Naoki Kobayashi, Ayako Katoh, Hideki Komagata, Masahiro Ishikawa, Yuri Murakami, Masahiro Yamaguchi, Tokiya Abe, Akinori Hashiguchi, and Michiie Sakamoto, "An efficient wavelet-based ROI coding for multiple regions," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. E98-A, No. 4, pp. 1006-1020, Apr. 2015.
  9. Naoki Kobayashi, Kazuma Shinoda, Ayako Katoh, Hideki Komagata, Masahiro Yamaguchi, Tokiya Abe, Akinori Hashiguchi, and Michiie Sakamoto, "Effective Color Transform Method for Image Compression of H&E Stained Whole Slide Image Using Subset Pixels," IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, Vol. 1, No, 2, pp. 37-47, Jun. 2014.
  10. Vu Le Ha, Kazuma Shinoda, Madoka Hasegawa, Yuichi Tanaka, Shigeo Kato, "Modified High-Order Edge-Directed Interpolation for Distributed Video Coding Based on Selective Data Pruning," IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, Vol. 1, No, 2, pp. 26-36, Jun. 2014.
  11. 山登一輝, 長谷川まどか, 篠田一馬, 加藤茂夫, 田中雄一, “類似領域情報の画像内埋め込みに基づく画像修復法," 電子情報通信学会論文誌D, Vol. J97-D, No. 4, pp. 857-867, 2013年4月.
  12. Junghyeun Hwang, Hisakazu Kikuchi, Shogo Muramatsu, Kazuma Shinoda, and Jaeho Shin, “Reversible Implementations of Irreversible Component Transforms and Their Comparisons in Image Compression," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. E95-A, No. 4, pp. 824-828, Apr. 2012.
  13. Kazuma Shinoda, Yuri Murakami, Masahiro Yamaguchi, and Nagaaki Ohyama, "Lossless and lossy coding for multispectral image based on sRGB standard and residual components," J. Electron. Imaging, Vol. 20, No. 2, pp. 023003-1 - 023003-12, Apr. 2011.
  14. 篠田一馬, 村上百合, 山口雅浩, 大山永昭, 小杉幸夫, “植生評価に適したハイパースペクトル画像符号化法," 電子情報通信学会誌, Vol. J94-D, No. 3, pp. 560-570, Mar. 2011.
  15. Kazuma Shinoda, Hisakazu Kikuchi, and Shogo Muramatsu, ”Lossless-by-Lossy Coding for Scalable Lossless Image Compression,”IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. E91-A, No. 11, pp. 3356-3364, Nov. 2008.

書籍・解説・依頼講演

  1. 篠田一馬, "ワンショットマルチスペクトルカメラとその応用," 光融合技術イノベーションセンター研究成果発表会, Sept. 2017.
  2. 篠田一馬, "病理標本のためのワンショット分光画像撮影システム," 医工連携シーズ説明会, Nov. 2015.
  3. 山登 一輝, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, 加藤 茂夫, 田中 雄一, "類似領域情報の画像内埋め込みを利用した画像修復," 画像ラボ, vol.26, no.2, pp.37-42, Feb. 2015.
  4. 篠田一馬,山本裕紹, "分光トピックス: スペクトルに関する情報フォトニクス研究," 分光研究, Vol. 64, No. 5, 2014.

国際会議

  1. Kazuma Shinoda, Maru Kawase, Madoka Hasegawa, Masahiro Ishikawa, Hideki Komagata, and Naoki Kobayashi, "Optimal spectral sensitivity of multispectral filter array for pathological images," Image Electronics and Visual Computing Workshop (IEVC), Mar. 2017 (IEVC2017 Best Paper Award).
  2. Hideki Komagata, Masahiro Ishikawa, Kazuma Shinoda, Naoki Kobayashi, Chika Iwamoto, Kenoki Ohuchida, and Makoto Hashizume, "3D reconstruction of pancreatic ducts and collagen fibers from pathological images of pancreas serial sections," Image Electronics and Visual Computing Workshop (IEVC), Mar. 2017.
  3. Akinobu Shimizu, Shigeru Nawano, Iwao Hasegawa, Naoki Kobayashi, Hayaru Shono, Atsushi Saito, Hideki Komagata, Masahiro Ishikawa, Kazuma Shinoda, Marius Linguraru, "Fundamental Technologies for Integration of Multiscale Spatiotemporal Morphology in Multidisciplinary Computational Anatomy - Progress Overview FY2016 -," The 3rd International Symposium on Multidisciplinary Computational Anatomy, A01-2, Mar. 2017.
  4. Emi Hashimoto, Masahiro Ishikawa, Kazuma Shinoda, Madoka Hasegawa, Hideki Komagata, Naoki Kobayashi, Naoki Mochidome, Yoshinao Oda, Chika Iwamoto, Kenoki Ohuchida, and Makoto Hashizume, "Tissue classification of liver pathological tissue specimens image using spectral features," SPIE Medical imaging, Feb. 2017 (Finalist of Robert F. Wagner All-Conference Best Student Paper Award).
  5. Kazushige Banzawa, Kazuma Shinoda, and Madoka Hasegawa, "Robust Multispectral Data Hiding in RGB Image Using Digital Watermarking," Color and Imaging Conference, Nov. 2016.
  6. Shu Ogawa, Kazuma Shinoda, Madoka Hasegawa, Shigeo Kato, Masahiro Ishikawa, Hideki Komagata, and Naoki Kobayashi, "Demosaicking Method for Multispectral Images Based on Spatial Gradient and Inter-channel Correlation," International Symposium on Multispectral Colour Science, pp. 157-166, May. 2016.
  7. Akinobu Shimizu, Iwao Hasegawa, Naoki Kobayashi, Hayaru Shono, Shigeru Nawano, Issei Sato, Hideki Komagata, Masahiro Ishikawa, Kazuma Shinoda, "Fundamental Technologies for Integration of Multiscale Spatiotemporal Morphology in Multidisciplinary Computational Anatomy - Plan of Five Years and Progress Overview FY2015 -," The 2nd International Symposium on Multidisciplinary Computational Anatomy, A01-2, Feb. 2016.
  8. Yudai Yanagi, Kazuma Shinoda, Madoka Hasegawa, Shigeo Kato, Masahiro Ishikawa, Hideki Komagata, and Naoki Kobayashi, "Optimal transparent wavelength and arrangement for multispectral filter array," IS&T International Symposium on Electronic Imaging, IPAS-024, pp.1-5, Feb. 2016.
  9. Kazuma Shinoda, Shu Ogawa, Yudai Yanagi, Madoka Hasegawa, Shigeo Kato, Masahiro Ishikawa, Hideki Komagata, and Naoki Kobayashi, "Multispectral filter array and demosaicking for pathological images," APSIPA ASC, pp. 697 - 703, Hong Kong, Dec. 2015.
  10. Kazuma Shinoda, Aya Watanabe, Madoka Hasegawa, and Shigeo Kato, "Multispectral image estimation from RGB image based on digital watermarking," Association Internationale de la Couleur (AIC), pp. 1278 - 1282, Tokyo, 2015.
  11. Tomoharu Ishikawa, Yuya Akagawa, Kazuma Shinoda, Shigeru Inui, Kazuya Sasaki, Keiko Miyatake and Miyoshi Ayama, "Evaluation of Cloth Roughness and Smoothness by Visual and Tactile Perceptions: Investigation of Cloth Photography Method for Online Shopping," Association Internationale de la Couleur (AIC), pp. 814 - 819, Tokyo, 2015.
  12. Masahiro Ishikawa, Naoki Kobayashi, Hideki Komagata, Kazuma Shinoda, Masahiro Yamaguchi, Tokiya Abe, Akinori Hashiguchi, and Michiie Sakamoto, "An accurate extracting method of fat droplets in liver images for quantitative evaluation," in Proc. of SPIE Medical Imaging, Vol. 9420, Feb. 2015.
  13. Kazuki Yamato, Kazuma Shinoda, Madoka Hasegawa, and Shigeo Kato, "Two-Dimensional Histogram Expansion of Wavelet Coefficient for Reversible Data Hiding," in Proc. of IEEE Visual Communications and Image Processing (VCIP), pp. 258-261, Nov. 2014.
  14. Junya Mizutani, Kazuma Shinoda, Madoka Hasegawa, and Shigeo Kato, "Multispectral demosaicking algorithm based on inter-channel correlation," in Proc. of IEEE Visual Communications and Image Processing (VCIP), pp. 474-477, Nov. 2014.
  15. Kazuki Yamato, Kazuma Shinoda, Madoka Hasegawa, and Shigeo Kato, "Reversible data hiding based on the two-dimensional histogram and generalized histogram shifting," in Proc. of IEEE International Conference on Image Processing (ICIP), Paris, France, pp. 4216-4220, Oct. 2014.
  16. Yuichiro Suzuki, Kazuma Shinoda, Madoka Hasegawa, and Shigeo Kato, "Halftone image resizing using seam carving," in Proc. of Image Electronics and Visual Computing Workshop (IEVC), No. 10, Samui, Thai, Oct. 2014.
  17. Kazuma Shinoda, Taisuke Hamasaki, Madoka Hasegawa, Shigeo Kato, and Antonio Ortega, "Quality metric for filter arrangement in a multispectral filter array," in Proc. of Picture Coding Symposium (PCS), pp. 149-152, San Jose, USA, Dec. 2013.
  18. Hisakazu Kikuchi, Taiyo Deguchi, Kazuma shinoda and Masahiro Okuda, "Compression of High Dynamic Range Images in the yu'v' Color Space," International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC), pp. 631-634, Yeosu, Korea, July 2013.
  19. Kazuki Yamato , Madoka Hasegawa , Kazuma Shinoda , Shigeo Kato , and Yuichi Tanaka, "Image restoration using similar region search and digital watermark," APSIPA ASC 2013, Kaohsiung, Taiwan, Oct 2013.
  20. Ha Vu Le, Kazuma Shinoda, Madoka Hasegawa, Shigeo Kato, Yuichi Tanaka, "Selective data pruning based distributed video coding with modified high-order edge-directed interpolation," ICIP2013, Merbolune, pp.1933-1937, Australia, Sep. 2013.
  21. Hideki Komagata, Naoki Kobayashi, Ayako Katoh, Yasuka Ohnuki, Masahiro Ishikawa, Kazuma Shinoda, Masahiro Yamaguchi, Tokiya Abe, Akinori Hashiguchi, and Michiie Sakamoto, “An algorithm to evaluate the number of trabecular cell layers using nucleus arrangement applied to hepatocellular carcinoma,” in Proc. of SPIE Medical Imaging, Florida, USA, Feb. 2013.
  22. Kazuma Shinoda, Naoki Kobayashi, Ayako Katoh, Hideki Komagata, Yuri Murakami, Masahiro Yamaguchi, Tokiya Abe, Akinori Hashiguchi, and Michiie Sakamoto, “An effective ROI coding suited for computer-aided diagnosis in telepathology,”in Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT), pp. 488-493, Nagoya, Japan, Jan. 2013.
  23. Naoki Kobayashi, Kazuma Shinoda, Ayako Katoh, Hideki Komagata, Masahiro Yamaguchi, Tokiya Abe, Akinori Hashiguchi, and Michiie Sakamoto, “A study of subset-pixel-based color transform for the efficient compression of H&E stained whole slide images,” in Proc. of Image Electronics and Visual Computing Workshop (IEVC), 2P-3, Sarawak, Malaysia, Nov. 2012.
  24. Kazuma Shinoda, Yuri Murakami, Masahiro Yamaguchi, and Antonio Ortega, “An efficient compression method for one-shot multispectral camera,” in Proc. of Picture Coding Symposium (PCS), pp. 269-272, Krakow, Poland, May 2012.
  25. Fei Yang, Koki Wakunami, Kazuma Shinoda, Noriaki Hashimoto, and Masahiro Yamaguchi, “Digital Color Management in Holoprinter,” in Proc. of Digital Holography and Three-Dimensional Imaging, DWC5, Tokyo, Japan, May 2011.
  26. Kazuma Shinoda, Yukio Kosugi, Yuri Murakami, Masahiro Yamaguchi, and Nagaaki Ohyama, “Hyperspectral image compression suitable for spectral analysis application,”in Proc. of Picture Coding Symposium (PCS), pp. 74-77, Nagoya, Aichi, Japan, Dec. 2010.
  27. Kazuma Shinoda, Yuri Murakami, Masahiro Yamaguchi, Nagaaki Ohyama, “Multispectral image compression for spectral and color reproduction based on lossy to lossless coding,” in Proc. of IS&T/SPIE Electronic Imaging, Vol. 7532, San Jose, USA, Jan. 2010.
  28. Hisakazu Kikuchi, Kazuma Shinoda, and Shogo Muramatsu, ”Scalable Lossless Color Image Compression by a Lossless-By-Lossy Approach,” in Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT), pp. 789-794, Bangkok, Thailand, Jan. 2007.
  29. Kazuma Shinoda, Hisakazu Kikuchi, and Shogo Muramatsu, ”A lossless-by-lossy approach to lossless image compression,” in Proc. of IEEE International Conference on Image Processing (ICIP), pp. 2265-2268, Atlanta, USA, Oct. 2006.
  30. Kazuma Shinoda, Hisakazu Kikuchi, and Shogo Muramatsu, ”Two-Stage Lossless Image Compression by Wavelet-Based Lossy Coding,” in Proc. of International Technical Conference on Circuit/System, Computers and Communication (ITC-CSCC), Vol. II, pp. 325-328, Chiangmai, Thailand, Jul. 2006.

国内会議・研究会

  1. 番沢 和茂, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, "圧縮耐性と不可視成分の復元精度を考慮したRGB画像へのスペクトル情報埋め込み," 映情学技報, vol. 41, no. 27, AIT2017-155, pp. 21-24, Sept. 2017.
  2. 橋本 江美, 石川 雅浩, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, 駒形 英樹, 小林 直樹, 持留 直樹, 岩本 千佳, 大内田 研宙, 小田 義直, 橋爪 誠, "スペクトル情報と色補正を用いた肝病理標本画像の組織分類," 第36回日本医用画像工学会大会, Jul. 2017.
  3. 小野瀬伸彦, 篠田一馬, 長谷川まどか, "重畳画像選択型認証用画像の自動選定支援のための画像重畳度の客観評価法の検討," 画像電子学会第280回研究会, Mar. 2017.
  4. 川瀬満丸, 篠田一馬, 長谷川まどか, "エイリアスを考慮したマルチスペクトルフィルタアレイの最適設計," 第11回関東学生研究論文講演会, Mar. 2017.
  5. 番沢和茂, 篠田一馬, 長谷川まどか, "RGB画像へのスペクトル情報埋め込みのための圧縮耐性を考慮した情報ハイディング," 日本色彩学会視覚情報基礎研究会第29回研究発表会, Dec. 2016. (主査依頼講演,査読免除)
  6. 川瀬満丸, 橋本江美, 篠田一馬, "ワンショットマルチスペクトル画像撮影のためのフィルタアレイ設計および病理診断支援への応用," 第6回宇都宮大学オプトバイオシンポジウム, Dec. 2016.
  7. 青森祐人, 篠田一馬, 長谷川まどか, "誤り訂正符号利用型電子透かしによる改ざん画像修復法," 第15回情報科学技術フォーラム, pp.471-472, Sept. 2016.
  8. 小野瀬伸彦, 篠田一馬, 長谷川まどか, "画像選択型認証に適した重畳画像選定のための客観評価値に関する研究," 第15回情報科学技術フォーラム, Sept. 2016.
  9. 尾花紫織, 篠田一馬, 長谷川まどか, 山本裕紹, 柏嵜 勝, "ハイパースペクトルカメラを用いたりんごの非破壊糖度推定," 映像情報メディア学会年次大会, Sept. 2016.
  10. 柳悠大, 篠田一馬, 長谷川まどか, "教師画像を必要としないマルチスペクトルフィルタアレイの設計手法," 映像情報メディア学会年次大会, Sept. 2016.
  11. 石島颯木, 篠田一馬, 長谷川まどか, "LDIを利用した予測誤差拡張によるカラー画像の可逆電子透かし法の検討," 画像電子学会第278回研究会, Aug. 2016.
  12. 橋本江美, 石川雅浩, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, 駒形英樹, 小林直樹, "マルチスペクトル画像を使用した肝病理組織標本の組織分類の検討," 電子情報通信学会総合大会, Mar. 2016.
  13. 石川雅浩, 橋本江美, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, 駒形英樹, 小林直樹, "マルチスペクトル画像による色素量補正を用いたHE染色肝病理画像中の構造認識," 電子情報通信学会総合大会, Mar. 2016.
  14. 川瀬満丸, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, "分光反射率推定のためのMSFA最適化に関する基礎検討," 電子情報通信学会総合大会, Mar. 2016.
  15. 番沢和茂, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, "圧縮耐性を持つ電子透かしを用いたRGB画像へのスペクトル情報埋め込みに関する検討," マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会, Mar. 2016.
  16. 鈴木裕一郎, 山登一輝, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, “最適予測を用いた可逆電子透かしのための適応的予測誤差拡張手法,” 第14回情報科学技術フォーラム (FIT2015), 2015年9月.
  17. 武井勇樹, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, “携帯端末の加速度センサを用いた個人認証方式に関する研究,” 第14回情報科学技術フォーラム (FIT2015), 2015年9月.
  18. 小川衆, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, 石川雅浩, 駒形英樹, 小林直樹, “空間方向の勾配及びバンド間の相関を考慮したマルチスペクトル画像のデモザイキング手法,” 第14回情報科学技術フォーラム (FIT2015), 2015年9月 (査読付採録).
  19. 柳悠大, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, 石川雅浩, 駒形英樹, 小林直樹, “観測波長と配置を考慮したマルチスペクトルフィルタアレイの設計手法,” 第14回情報科学技術フォーラム (FIT2015), 2015年9月 (査読付採録).
  20. 小林智美, 篠田一馬, 石川智治, 長谷川まどか, 加藤茂夫, "楕円フーリエ記述子を用いた衣服の輪郭形状の分類に関する一検討," 映像情報メディア学会技術報告, Vol.39, No.31, pp.5-8, Aug. 2015.
  21. 浜崎泰輔, 川瀬満丸, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, "Vectorial Total Variationを用いたマルチスペクトル画像のデモザイキングに関する一検討," 映像情報メディア学会技術報告, Vol.39, No.31, pp.1-4, Aug. 2015.
  22. 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, “情報ハイディング技術を用いたRGB画像へのスペクトル情報の埋め込み,”日本色彩学会視覚情報基礎研究会第24回研究発表会論文集, CSA-FVI-2015-9, Jun. 2015.(主査依頼講演,査読免除)
  23. 山登一輝, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, “可逆データハイディングのための2次元変換係数ヒストグラム拡張手法,” 信学技報, EMM2014-96, pp. 113-118, Mar. 2015.
  24. 青森祐人, 山登一輝, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, “電子透かしによる静止画像への類似領域情報埋め込みを利用した画像の改ざん検知と修復に関する一検討,” 信学技報, EMM2014-86, pp. 55-60, Mar. 2015.
  25. 赤川悠哉, 石川智治, 篠田一馬, 乾滋, 佐々木和也, 宮武恵子, 阿山みよし, “布地を想定した提示画像の粗さ・なめらかさの評価 ~コントラスト・空間周波数・輝度の変化~,”第10回日本感性工学会春季大会, 5B-05, Mar. 2015.
  26. 渡邉彩, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, “電子透かしを用いたRGB画像へのマルチスペクトル情報埋め込みに関する一検討,”PCSJ/IMPS2014, I-4-17, Nov. 2014.
  27. 鈴木裕一郎, 山登一輝, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, “予測誤差ヒストグラムに基づいた適応的埋め込みによる可逆電子透かしに関する検討,”PCSJ/IMPS2014, I-3-04, Nov. 2014.
  28. 小林智美, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, “輪郭特徴量を用いた衣服形状の分類に関する基礎検討,”PCSJ/IMPS2014, I-1-08, Nov. 2014.
  29. 柳悠大, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫,“マルチスペクトルフィルタアレイの配置最適化に関する一検討,”PCSJ/IMPS2014, I-1-07, Nov. 2014.
  30. 駒形英樹, 小林直樹, 石川雅浩, 篠田一馬, 山口雅浩, 阿部時也, 橋口明典, 坂元亨宇, "肝病理組織画像における核のグラフ構造特徴量高速計算アルゴリズム," 電子情報通信学会技術研究報告 (MI), vol. 113, no. 410, pp.239-244, Jan. 2014.
  31. 水谷 純也, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, 加藤 茂夫, "バンド間相関を考慮したマルチスペクトル画像に対するデモザイキング," 第28回信号処理シンポジウム, pp.497-500, Nov. 2013.
  32. 弘山 一樹, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, 加藤 茂夫, "変換係数の並べ替えによる網点印刷画像のJPEG 圧縮に関する研究," PCSJ/IMPS2013, pp.39-40, Nov. 2013.
  33. 手塚 勇輔, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, 加藤 茂夫,"エッジ情報の方向差分情報を用いた自然物領域と人工物領域の自動判別に関する一検討,"映像情報メディア学会技術報告 映像表現&コンピュータグラフィックス, Vol.37, No.35, pp.5-8,Aug. 2013.
  34. 山登 一輝, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, 加藤 茂夫, 田中 雄一,"類似領域情報の埋め込みを利用した画像修復,"信学技報, EMM2013-32, pp.221-226, July 2013.
  35. 磯貝 尚明, 長谷川 まどか, 篠田 一馬, 加藤 茂夫,"覗き見攻撃耐性を考慮した加算型PIN認証方式に関する一検討,"情報処理学会研究報告, Vol.2013-SPT-6, No.1, pp.1-6, July 2013.
  36. 山登 一輝, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, 加藤 茂夫, 田中 雄一,"エッジ方向を考慮した画素配置変更を用いた静止画圧縮に関する検討,"画像電子学会第41回年次大会予稿集, R7-1, June, 2013.
  37. 萩谷愛理紗,篠田一馬,長谷川まどか,加藤茂夫,"ウェーブレット変換係数の大小関係を用いた電子透かし方式に関する一検討"画像電子学会第41回年次大会予稿集,P-4,June,2013.
  38. 出口 太陽, 黄 正顕, 菊池 久和, 篠田 一馬, 奥田 正浩, ”HDR画像の非可逆圧縮のためのレンジ写像の変更, ” 信学技報, Vol. 112, No. 484, pp. 33 - 38, 2013年3月.
  39. 福本 利典, 黄 正顕, 菊池 久和, 篠田 一馬, 奥田 正浩, ”単純ビットプレン符号化による32ビットRGBEフォーマット高ダイナミックレンジ画像の可逆圧縮, ” 信学技報, Vol. 112, No. 484, pp. 45 - 50, 2013年3月.
  40. 篠田 一馬, 小林 直樹, 加藤 綾子, 駒形 英樹, 村上 百合, 山口雅浩, ”複数の興味領域を対象とするROI 符号化法の検討,” Picture Coding Symposium of Japan (PCSJ 2012), pp. 23 - 24, ニューウェルシティ湯河原, 静岡, 2012年 10月. (画像符号化シンポジウム(PCSJ)2012 ベストポスター賞 受賞)
  41. 小林 直樹, 小関 瞳, 加藤 綾子, 星野 唯, 篠田 一馬, 山口 雅浩, 阿部 時也, 橋口 明典, 坂本 亮宇, ”病理画像解析に適した画像圧縮方式の評価法の検討, ”第10回情報科学技術フォーラム (FIT2011), 函館, 2011年9月.
  42. 篠田一馬, 村上 百合, 山口 雅浩, 小杉 幸夫, ”迅速な植生解析のためのハイパースペクトル画像符号化法, ”第5回新画像システム・情報フォトニクス研究討論会, pp. 42 - 43, 東京工業大学, 神奈川, 2011年 5月.
  43. 篠田一馬, 村上 百合, 山口 雅浩, 大山 永昭, 小杉 幸夫, ”植生指標の精度とスペクトル再現性を考慮したハイパースペクトル画像符号化, ”第9回情報科学技術フォーラム (FIT2010), pp. 29-34, 九州大学, 福岡, 2010年 9月 (FIT2010論文賞受賞).
  44. 篠田一馬, 村上 百合, 山口 雅浩, 大山 永昭, ”RGBとスペクトルの品質を考慮したスケーラブルなマルチスペクトル画像符号化法, ”第4回新画像システム・情報フォトニクス研究討論会, 大阪大学, 大阪, 2010年 6月.
  45. 篠田一馬, 村上 百合, 山口 雅浩, 大山 永昭, ”RGB成分の品質を考慮したマルチスペクトル画像の符号化, ”電子情報通信学会総合大会, 東北大学, 仙台, 2010年 3月.
  46. 篠田一馬, 村上 百合, 山口 雅浩, 大山 永昭, ”スペクトルと色再現性を考慮したマルチスペクトル画像の可逆・非可逆統合型符号化法, ” Picture Coding Symposium of Japan (PCSJ 2009), pp. 37-38, ラフォーレ修善寺, 静岡, 2009年 10月.
  47. 篠田一馬, 菊池久和, 村松正吾, ”エンベデッド符号化を応用した可逆画像符号化法の検討, ” 電子情報通信学会総合大会,D11-6, 国士舘大学, 2006年 3月.
  48. 篠田一馬, 菊池久和, 村松正吾, ”非可逆符号化を用いた可逆画像符号化法の検討, ” Picture Coding Symposium of Japan (PCSJ 2005), pp. 69-70, 浜松ロイヤルホテル, 静岡, 2005年 11月.

特許

  1. 出願者: 埼玉医科大学,発明者: 駒形英樹,小林直樹,石川雅浩,篠田一馬,"危険報知装置及び危険報知方法、並びに危険報知装置の校正方法," 特願2016-206293,2016-10-20.
  2. 出願者: 宇都宮大学,発明者: 篠田一馬,大寺康夫, "フィルタ、画像撮影装置および画像撮影システム," 特願2016-175460, 2016-9-8.
  3. 出願者: 宇都宮大学,発明者: 篠田一馬,番沢和茂,長谷川まどか, " 画像データ処理装置及びプログラム," 特願2016-073754, 2016-3-31.
  4. 出願者: 埼玉医科大学, 発明者: 篠田一馬,小林直樹,加藤綾子,駒形英樹, "画像符号化装置、画像符号化方法、画像符号化プログラムおよび記録媒体," 特許5396559, 2013-10-25.
  5. 出願者: ソニー株式会社, 発明者: 篠田一馬, "画像処理装置、及び画像処理方法," 特許5024178, 2012-6-29.

受賞

  1. Kazuma Shinoda, Maru Kawase, Madoka Hasegawa, Masahiro Ishikawa, Hideki Komagata, Naoki Kobayashi, IEVC2017 Best Paper Award, Mar. 2017.
  2. 篠田 一馬, 平成28年度コニカミノルタ画像科学奨励賞, 2017年2月.
  3. Masahiro Ishikawa, Naoki Kobayashi, Hideaki Komagata, Kazuma Shinoda, Masahiro Yamaguchi, Tokiya Abe, Aakinori Hashiguchi, Michiie Sakamoto, SPIE, “Cum laude poster award,” 2015.
  4. 渡邉 彩, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, 加藤 茂夫, ”映像メディアシンポジウム(IMPS)2014 ベストポスター賞,”2014年11月.
  5. 篠田 一馬, 小林 直樹, 加藤 綾子, 駒形 英樹, 村上 百合, 山口 雅浩, ”画像符号化シンポジウム(PCSJ)2012 ベストポスター賞,”2012年10月.
  6. 篠田 一馬, 村上 百合, 山口 雅浩, 大山 永昭, 小杉 幸夫, ”FIT2010論文賞,” 2010年9月.
  7. 篠田 一馬, ”東京工業大学 グローバルCOEプログラム 優秀学生賞,” 2010年4月.
  8. 篠田 一馬, ”新潟大学工学部電気電子工学科 卒業研究優秀賞,” 2005年3月.

研究助成

科研費,外部プロジェクト,その他の学外競争的資金

  1. 篠田一馬(代表),"ワンショット分光偏光カメラの開発," 平成29年度世界一を目指す研究開発助成事業, 2017年7月3日-2018年2月28日.
  2. 小林直樹(代表)他,"マルチスペクトルを用いた病理診断画像における色品質バラツキ除去の研究," 平成29年度JSPS二国間交流事業共同研究, 2017年4月1日 - 2020年3月31日.
  3. 篠田一馬,財団法人 電気通信普及財団 海外渡航旅費援助,2017年2月28日-3月3日.
  4. 篠田一馬(代表), "圧縮センシングによる低コストマルチスペクトルイメージングシステムの研究," 平成27年度科学研究費助成事業, 若手研究(B), 課題番号: 15K20899, 2015年4月1日-2018年3月31日.
  5. 篠田一馬(代表), "単板フィルタを用いた低容量なマルチスペクトル画像システムに関する研究," 平成25年度科学研究費助成事業, 若手研究(B), 課題番号: 25870676, 2013年4月1日-2015年3月31日.
  6. 長谷川まどか(代表), 加藤茂夫, 篠田一馬, "視覚情報と行動特徴を用いたマルチモーダル個人認証方式の研究," 平成25年度科学研究費助成事業, 基盤研究(C), 課題番号: 25330226, 2013年4月1日-2016年3月31日.
  7. 加藤茂夫(代表), 長谷川まどか, 篠田一馬, "算術符号化原理を用いた情報源符号化および通信路符号化の統合符号化方式の開発," 平成25年度科学研究費助成事業, 基盤研究(C), 課題番号: 25420355, 2013年4月1日-2016年3月31日.
  8. NEDO「がん超早期診断・治療機器の総合研究開発 超早期高精度診断システムの研究開発:病理画像等認識技術の研究開発 病理画像等認識基礎技術の研究開発(定量的病理診断を可能とする病理画像認識技術)」, 連携研究員, 2012年4月1日-2015年3月31日.
  9. 篠田一馬(代表), "マルチバンド画像の可視成分を考慮した可逆・非可逆統合型符号化の研究," 平成22年度科学研究費補助金, 特別研究員奨励費, 課題番号: 228087, 2010年4月23日-2012年3月31日.
  10. 篠田一馬, 電子情報通信学会 信越支部 平成18年度(後期)旅費援助採択, 2006年10月8日-2006年10月11日.

学内競争的資金

  1. 篠田 一馬(代表), 大寺 康夫, 石川 雅浩, 長谷川 まどか, 蕪山 由己人, "分光偏光フィルタアレイによる病理標本のワンショット撮影およびデジタルMT染色への応用に関する基礎検討," 平成29年度宇都宮大学異分野融合研究助成, 2017年7月1日-2018年3月31日.
  2. ⾦野尚武 他7名,"きのこ分⼦制御研究拠点 -農⼯連携きのこプロジェクト-," 宇都宮⼤学研究拠点創成ユニット(UU-COE), 2016年4月1日-2019年3月31日.
  3. 児玉豊 他23名, "オプトバイオサイエンスを基軸にした農工融合型教育研究拠点の形成," 宇都宮大学次世代研究拠点創成ユニット(UU-COE-Next), 2015年4月1日-2016年3月31日.
  4. 篠田 一馬(代表), 加藤 茂夫, 長谷川 まどか, 石川 雅浩, "マルチスペクトルイメージングによる病理標本の組織構造定量化に関する研究," 平成27年度宇都宮大学異分野融合研究助成, 2015年7月1日-2016年3月31日.
  5. 篠田 一馬(代表), 加藤 茂夫, 長谷川 まどか, 柏嵜 勝, "農作物の非破壊測定に適したマルチスペクトルイメージングに関する研究," 平成26年度宇都宮大学異分野融合研究助成, 2014年7月1日-2015年3月31日.
  6. 篠田一馬(代表), 加藤茂夫, 長谷川まどか, 早崎芳夫, 小林直樹, "単板カラーフィルタによるマルチスペクトルイメージングシステムとその応用に関する研究," 平成26年度宇都宮大学オプティクス教育研究センター公募研究, 2014年4月1日-2016年3月31日.
  7. 篠田一馬(代表), "コンピュータ診断支援に適した汎用的な病理画像圧縮手法の開発," 平成25年度宇都宮大学若手教員研究助成事業, 2013年4月1日-2014年3月31日.

給付奨学金

  1. 公益信託 萬谷記念かながわ奨学基金, 2009年4月1日-2010年3月31日. (2010, 2011年度は学振DC2採用のため辞退)
  2. 公益財団法人 吉田育英会 大学院生給与奨学金<マスター21>, 2005年4月1日-2007年3月31日.
  3. 公益財団法人 ユニオンツール育英奨学会, 2005年4月1日-2007年3月31日.

学位論文

博士論文

  1. 篠田一馬, ”3バンドと付加情報を用いたマルチスペクトル画像の可逆・非可逆符号化とその応用,”博士論文, 東京工業大学総合理工学研究科, 2011年.

修士論文

  1. 篠田一馬, ”非可逆符号化を用いたスケーラブルな可逆画像符号化法の研究,”修士論文, 新潟大学大学院自然科学研究科, 2007年.

学士論文

  1. 篠田一馬, ”非可逆符号化を用いた可逆画像符号化法の研究,”学士論文, 新潟大学工学部電気電子工学科, 2005年.

Top   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一括凍結 一括凍結解除 一括解除   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-30 (木) 09:49:41 (11d)