学科情報

学科案内

入試案内

教育

進路

研究室

教職員

大学院情報

大学院案内

入試案内

教育

進路

教職員

東日本大震災関係のご案内 オープンキャンパス
カレンダー
宇大
宇大工学部
ホームカミングデー UU-KISS 宇都宮大学感性情報科学研究会


rss

大学院案内

情報科学・計算機工学等の広い分野で先駆的な研究を行い、高度情報化社会を支え活躍できる優秀で柔軟な技術者・研究者を養成するため、情報工学専攻は1980年に設立されました。その後、1992年の博士後期課程設置に伴う改組を経て、さらには2008年度の研究科の改組により博士前期課程情報工学専攻は情報システム科学専攻に改名し入学定員29名となり、2015年度には入学定員を38名に増員し、現在も成長を続けています。

情報システム科学が関連する領域は、情報科学の基礎分野から計算機工学の応用分野にいたるまで、きわめて多岐にわたっています。さらに今日では、人間、人文社会領域との学際的な分野にも深く関与してきており、情報システム科学が現代社会において担う役割は、ますます重要になってきています。また、それぞれの分野においても、日々急速な技術の進展が見られます。このような変化の激しい分野で活躍できる技術者、研究者を育成するには、現在の表面的、表層的な技術にとらわれることなく、その根幹にある基礎となる技術、考え方を重視し、それらを十分に身につけることが重要で あり、そのことによって、技術の発展に柔軟に対応できる能力を養えると考えています。さらに、この基礎的能力を問題解決に応用して実力を発揮できるように するためには、問題の発見とその定式化能力、問題の分析能力、解答を導くための思考力、創造力の育成も重要です。

本専攻では、このような理念に基づいて専攻の教育・研究環境を整備し、基礎から先端技術までの体系的な学習が可能なカリキュラムを用意しています。

 

工学研究科の構成

工学研究科の構成